名前だけ聞くと無添加化粧品に似てる?
自然派化粧品やオーガニックコスメとの違いと特徴

カテゴリ:【 無添加の基礎

当サイトでは無添加化粧品を解説し紹介するサイトですが、同じ体に良さそう、安全そうなイメージを持つものとして、無添加だけでなく自然派・オーガニックという言葉があります。

そして、最近では無添加化粧品と同じように、自然派化粧品やオーガニック系コスメといった化粧品がありますがこの違いは何でしょうかという質問をよくいただきます。

この同じような名称であり、両方共に体に安全を考慮して作られているというイメージを持ちますが、実際のところ、同じなのか違うのかもあまりわからないという方も多いと思いますので解説してみたいと思います。

無添加も自然派もオーガニックも似て異なるもの

よく聞くけどそれぞれの違いがわからないという方も多いと思います。

無添加化粧品の定義

無添加化粧品は色々な定義がありますが、昔は薬事法に定められた旧表示指定成分が入っていない化粧品を呼んでいました。

薬事法が改正されてからは、人工添加物が配合されていない化粧品の事を無添加化粧品と呼ぶ事が増えています。

ですが、何度も書いてきたように、人工添加物が一切配合されていないのではなく、1つ以上の人工添加物が配合されていない場合でも無添加化粧品と呼ばれる事があります。

自然派化粧品・天然由来化粧品の定義

天然成分が含まれた化粧品として使われる事が多いです。

ただ、これも無添加化粧品と同じように勘違いしてしまいやすいですが、自然派化粧品も天然成分「だけ」で作られているというわけではありません。

化学合成成分をおさえた化粧品というだけで、全てが天然成分というわけではないため注意が必要です。

オーガニックコスメ

名前の通り、植物原料を使って作られている化粧品になります。

無添加化粧品や自然派化粧品と大きく違うのは、この2つは天然由来が基準になりますが、オーガニックコスメの場合は、植物由来の原料が基準になるところです。

ただ、このオーガニックコスメも同じで、植物由来だけで作られるわけではありませんので注意が必要です、

自然派化粧品は化学合成物質を使っていないという意味ではない

自然派は、無添加と同じように素材や成分にこだわりを持って作るという時に使われる事がほとんどです。

その意味としては、言葉の通り自然の素材にこだわって作るという事です。
これは、逆を言えば、合成化学物質などを使ったりせずに、天然の成分など自然由来のものを使って作るという事でもあります。

なので、広い意味で言えば、無添加化粧品も自然派化粧品も同じような物と言えるかもしれません。

合成香料を無添加と言えば、無添加化粧品です。
香料を自然由来のもので使ったのなら自然派化粧品というかたちになり、同じではないけれど似ているものになります。

ただ、無添加と同じで、何をどうすれば自然派であり、オーガニックと言えるかという明確な基準はないので注意が必要です。

ですから、香料を天然成分から取ったものや、植物から採取して使った化粧品があったとして、他は、合成化学物質などを使っていたとしても、それは自然派由来の化粧品であり、オーガニックコスメでもあるのです。

無添加化粧品と同じで、特定の何かが自然派由来であれば、自然派化粧品と呼べてしまうのが現状です。

無添加と同じ考えで、何が自然由来・植物由来なのかを注意する

無添加の時と同じで、何が自然で植物由来なのかをチェックしなければなりません。
先ほどにも述べたように、現段階の薬事法であれば、言葉のマジック的なものが使えてしまいます。

極端な話、何か1つでも自然派由来のものが含まれていれば、植物性のものが含まれていれば、残り99%が化学物質であったとしても、自然派化粧品・オーガニックコスメと言えてしまう現実があります。(もちろん、そんなものは存在しませんが…)

もちろん悪質メーカーであれば今の世の中ネット上での評判はすぐ広まりますし、すぐ淘汰されるはずです。
おかしすぎる化粧品は、今の日本の市場に出回っている化粧品でそういった事はほぼないとは言えます。

ただ、やはり何が自然派で何が自然派でないのかというのはチェックするに越した事はありません。
無添加と同じで、何の成分が自然派なのか、オーガニック由来なのか、それをチェックするようにしましょう。

実際は、”自然素材だけ”には無理がある

よく、それなら100%オーガニックや100%自然素材だけでという化粧品を使えばいいのでは?と思うかもしれません。

ですが、実際問題として、全ての原料を化学物質を使わずに化粧品を作ると言うことは、不可能ではないのですが非常に困難です。

まず、自然というものはなかなか安定しません。
農業などをイメージすればわかりますが、同じ質を一定の数出すというのは非常に困難です。

どうしても安定供給が難しい物も出てきますし、それができたとしても、価格面でも跳ね返ってきてしまいます。

そのため、今の化粧品市場としては、ある程度の重要な部分を自然や天然のものを使いながらも、部分的に化学の力も借りて作るというのがほとんどかと思います。

もしくは、100%と謳いながら、多くは小さくどこかに※などで注釈で100%の意味はこういう意味です。といった注意書きがされているかと思います。

自然派だから安全だし安心と思い込むのもまた危険なのです。

自然派化粧品として、何の成分がそうなのかをチェックする習慣を付けましょう。

このテーマに関する管理人からのワンポイントメッセージ

無添加、自然派、オーガニック、今ではこういった文言は化粧品に限らず食事など色々なところで見かけるようになりましたね。

つい自然派由来などの食事と聞くと体に良さそう!とイメージしますが、化粧品で同じ事を安易に考えてはいけません。

自然派もオーガニックも基本は無添加と同じで、その自然だけ、オーガニックだけで作られているわけではないのです。

しっかり何がどう使われているのかというチェックは怠らず自然派だから大丈夫!オーガニックだから安全!と考えてしまわないように注意しましょうね。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

アレルギー持ちだから、無添加化粧品を使えば大丈夫ってホント?
どの化粧品を使うかという化粧品選びは、肌に多大な影響を与えるものですから、なるべく慎重に選んだ方が良いと言えます。 特に何かしらのアレルギーを持っているという人であれば、なお ...

無添加化粧品選びにキャリーオーバーは絶対に知っておくべき
無添加化粧品がこれだけメジャーな名称になった今でも、キャリーオーバーを知らない人は多いと思います。 ですが、無添加化粧品を使う、選ぶという時に、必ず知っておかなければならない ...

そもそも無添加とは何をもって無添加と定義されるのか。その基準は?
もはや無添加という言葉は一般社会にも浸透しています。 逆に言えば、今ではこの無添加という言葉を知らない、聞いても意味がいまいちわからないという人はほとんどいないという程に認知され ...

無添加化粧品を使う効果やメリットには何があるのか?
今までは無添加についての注意的な面を強めに書いていましたし、何が無添加なのかを注意しなければならないという事も書いてきました。 ここでは、そんな無添加化粧品を使う事で得られる ...

あえて、化粧品が無添加である事で考えられるデメリットを挙げてみました
最近では、無添加化粧品を使う人が増えてきていますし、このサイトを見ているという事は、あなたも既に使っているか、これから無添加化粧品を使おうか、乗り換えようかと悩んでいるかのどちらか ...

最近のエントリー

シワを食べ物で予防!シワ対策に食べたい食品と摂りたい栄養素
シワの種類や原因と対策。シワ対策化粧品の正しい選び方と注意点
クレンジングがスキンケアで最も大切な理由をご存じですか?
くずれないベースメイク作りのコツは毎朝の保湿ケアにあった
肌を若く保つ秘訣は?肌年齢をマイナス10歳にしたい方のためのケアポイント

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top