絶対に押させておきたい「キャリーオーバー」
無添加化粧品を使うなら避けては通れないほど重要です

カテゴリ:【 無添加の基礎

無添加化粧品がこれだけメジャーな名称になった今でも、キャリーオーバーを知らない人は多いと思います。

ですが、無添加化粧品を使う、選ぶという時に、必ず知っておかなければならない言葉がキャリーオーバーです。

そもそも、キャリーオーバーとは日本語的な意味としては、持ち越すといった意味になりますが、無添加化粧品においては重要ですのでしっかり理解しておきましょう。

表示義務があるのは、使っている成分のみ

キャリオーバーの意味としては持ち越すという意味になりますが、これだけでは何を?と思うかもしれません。
化粧品においてのキャリーオーバーは、無添加に限りなく関係がある「添加物」を持ち越すという事になってくるのです。

ただこれだけでも意味がわからないとは思いますので、より詳しく解説してみたいと思います。

以前とは違い、薬事法が改正されてから、今では全ての化粧品で、使っている成分の表示義務があります。

ここがポイントになるのですが、表示義務があるのは使っている「成分」であって、「原料」に関しては表示義務がありません。
というよりも、書いている化粧品なんてまずあり得ません。

ですから、極端な話、その化粧品の成分は書かれていても、その原料は何なのかが全くわからないという事が多いのです。

無添加だけど無添加じゃない可能性もゼロではなくなる

では、これの何が問題になってくるのかという話になりますが、そもそも無添加化粧品と言えば、何かを無添加にする事で、無添加になります。

無添加化粧品は添加物がゼロという意味ではないという事は何度も解説してきました。

例えば、防腐剤を無添加にする事で、(防腐剤)無添加化粧品が出来上がります。
防腐剤無添加と書くか、無添加と書くかは化粧品販売の会社などに委ねられますが、無添加化粧品として販売されます。

ですが、ここで1つ考えてもらいたい話があります。
もし、仮に使っている原料に防腐剤が含まれていたとしたら、それは防腐剤無添加の化粧品でしょうか。

今のルールでは使っている成分の表示義務になります。
仮に原料に添加物を使っていたとしても、表示する義務はありませんので、書かなくても良いのです。

エッセンシャルのオイルはハーブオイルなどを抽出する時に、抽出する過程において、石油由来の物質を使っていたりアルコールを使う事もあります。

その時に、原料として微量ながら混ざって残留しているという事もありえます。

この原料からの持ち越しがキャリーオーバーと呼ばれているものになります。

せっかくの無添加化粧品なのに、添加物が持ち越されていたら、意味がないとは言いませんがあまり良い感じはしませんよね。

もちろん、しっかりしたメーカーなら、そういったところにも気を配って書いていてくれるかもしれません。
ですが、無添加を判断するのは消費者です。

何が無添加でどこがそうじゃないかをしっかり判断していかなければなりません。

完全に無添加じゃないととこだわる人などは、メーカーのホームページをチェックして原材料がどこのもので、どのように原材料を加工しているのか、キャリーオーバーについての説明があるのかなども、チェックしておくと良いでしょう。

また、記載がなければ、思い切って電話やメールなどで開発者の方に聞いてみると良いでしょう。

使っている無添加化粧品が実は見せかけの成分だけ無添加で、原料は添加物だらけとならないようにチェックはしっかりと行うようにしましょう。

このテーマに関する管理人からのワンポイントメッセージ

昔と違って、今ではネットでの情報伝達も非常に早いです。
そのため、悪い噂や情報はあっという間に伝わるため企業側もしっかりと対策してくれるようになっています。

しっかりキャリーオーバーの事も考えてホームページ上に書いてくれるところも少しずつ増えてきていますし、こだわっているところはそれらをアピールしているところも増えてきました。

とはいえ、まだまだ知らないという人も多いです。
自分が無添加化粧品を選ぶ際には、しっかりとチェックを心がけるようにしたいですね。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

自然派由来の化粧品やオーガニックコスメと無添加化粧品の違いとは
当サイトでは無添加化粧品を解説し紹介するサイトですが、同じ体に良さそう、安全そうなイメージを持つものとして、無添加だけでなく自然派・オーガニックという言葉があります。 そして ...

無添加化粧品=安全、肌に良く優しいはどこまで信じていいのか
今の世の中は、情報化社会と言われています。 極端な話、何かを知ろうと思えば、昔と違ってインターネットや色々な情報発信がされている中から自分で調べる事ができます。 しかしなが ...

無添加には様々な種類があるので、何が無添加かを知る事が大切です
化粧品などでも使われる無添加について、先ほどの化粧品における無添加とは何を意味するのかでも解説していましたが、化粧品メーカーなどでは添加物が入っていなければ、無添加と謳うことができ ...

化粧品における無添加とは何を意味するのかを理解しておく
最近の私たちの日々の生活において、見たり聞いたりする事が多い言葉の1つに、無添加というものが挙げられます。 無添加は添加が無いと表記されるものになりますが。 ですが、実際に ...

そもそも無添加とは何をもって無添加と定義されるのか。その基準は?
もはや無添加という言葉は一般社会にも浸透しています。 逆に言えば、今ではこの無添加という言葉を知らない、聞いても意味がいまいちわからないという人はほとんどいないという程に認知され ...

最近のエントリー

シワを食べ物で予防!シワ対策に食べたい食品と摂りたい栄養素
シワの種類や原因と対策。シワ対策化粧品の正しい選び方と注意点
クレンジングがスキンケアで最も大切な理由をご存じですか?
くずれないベースメイク作りのコツは毎朝の保湿ケアにあった
肌を若く保つ秘訣は?肌年齢をマイナス10歳にしたい方のためのケアポイント

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top