普段疎かにしている人にこそ知って欲しい!
スキンケアにおいてクレンジングは最も大切かも

カテゴリ:【 美容・美肌ノウハウ

スキンケアのステップは、洗顔から美容液やクリームまでいろいろ段階があります。
その中でも、意外と軽視されがちなのに、実は大切なステップは「クレンジング」という事をご存じでしょうか。

クレンジングの大切さを再確認しておきましょう!という事で、今回はクレンジングがスキンケアにおいて大切な理由というテーマでお届けします。

クレンジングはそもそも何のため?

毎日行うメイクを考えてみてください。
肌にピッタリ吸い付くようなファンデーションに落ちにくいアイライン、まつ毛をぱっちりキープするマスカラ……日に日に進化を遂げる化粧品ですが、どれも間違いなく、肌に負担をかけています。

肌に負担をかけるという事は、将来的に自分に返ってきます。
それをしっかりと落とすというのがクレンジングの役目になります。

肌を素の状態に戻し、クレンジング後のスキンケアをしっかりと浸透させるためにも、まずはきちんとメイクを落とすことが大切なのです。

クレンジングはすべてのスキンケア効果を左右する

クレンジングの大切さは、肌を清潔にすることだけではありません。
クレンジングできちんとお肌の汚れを除去できていないと、そのあとに行うスキンケアをどんなに丁寧に行っても、有効成分がお肌に浸透されにくくなってしまいます。

つまり、どんなに美肌効果の高い化粧水や美容液を使っても、クレンジングがうまく行われていないと、その効果は激減してしまうということになるのです。
クレンジングがスキンケアで最も大切と言っても過言ではない理由がここにあります。

クレンジング剤の選び方

では、どんなクレンジング剤がメイク落としに最も適しているのでしょうか?

ひとこと、これが最適!と言えれば楽なのですが、残念ながら肌質や使用する化粧品によって異なります。

脂っぽい肌の人はオイルクレンジングよりはリキッドやクリームがおすすめですし、逆に、メイクをしっかりしている人は、洗浄力の強いオイルクレンジングが向いています。

また、アイメイクに重点を置いている人は、アイメイク専用のクレンジング剤を使用するなど、自分の肌とメイクに合わせた一本を選択する必要があります。
しっかりと自分にあったクレンジング剤を選ぶように心がけましょう。

クレンジングの注意点

クレンジングは、ただ落とせばいいというものではありません。
メイクを落とすことに気を取られすぎて、ついゴシゴシとこすってしまう方もいるかもしれませんが、これはNGです。

ゴシゴシこすってしまっては、肌を傷つけてしまう事になります。
ゆっくりとやさしくマッサージするように、肌の汚れを落としていきましょう。

また、しっかり肌に密着したメイクを落とすために、それなりに強い成分が使われているので、しっかりと水で洗い流すことが大切です。
そしてもちろん、クレンジングさえすればOKな訳ではありません。

クレンジングで肌に残ったメイクを落とした後は、洗顔料で肌の汚れをオフにし、その後、不足した水分を補う化粧水や肌をコーティングする乳液、美容液などで肌のバランスを整えましょう。

スキンケアの基本、クレンジングで美肌作り

スキンケアで最も大切なのはクレンジングと少し大げさ気味に書いてはいますが、読んでもらえれば、その理由も多少は納得してもらえたのではないでしょうか。

汚れを落とさなければ、肌がフラットな状態にはなりません。
そのため、肌がフラットでない状態で、どんなに高級なスキンケアアイテムを塗り重ねても無意味で勿体ないという結果にしかなりません。

美肌作りには、まずクレンジングをマスターすることから始めましょう。
意外と疎かにしがちな「クレンジング」をまずはしっかり意識することこそ、美肌作りの第一歩と言えるかもしれませんね。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

シワ対策におすすめの食品と栄養素
年齢肌で気になるのがシワやシミなどの肌トラブルです。 当然ながら、シワがあるだけで見た目の年齢というのは急に老けて見えてしまいます。 老化現象のひとつであるシワの悩みが食べ ...

くずれないベースメイク作りのコツは毎朝の保湿ケアにあった
夏は皮脂量が増えてテカルのに、秋冬は乾燥して化粧のノリが悪くなる。 こんな悩みをかかえている人は、保湿ケアの方法に問題があるのかもしれません。 くずれないベースメイクのためには、 ...

目の下のクマが消えれば見た目年齢が若くなる!3つの種類別クマ対策
クマが出来ていると言われ喜ぶ人はまずいないかと思います。 それどころか、多くの人はクマができてるよ。といった事を言われると、焦ったり落ち込んだりするものです。 目の下にクマ ...

何気ない仕草がほうれい線を作る?ほうれい線のできる原因と対策
見た目の印象を大きく左右するほうれい線。 加齢と共にこの「ほうれい線」は誰もが気にしてしまうものです。 ほうれい線があるのと無いのとでは、見た目年齢も大きく違ってくるほど、 ...

肌を若く保つ秘訣は?肌年齢をマイナス10歳にしたい方のためのケアポイント
肌年齢という言葉は、今ではTV等のメディアでお多く使われ、一度は聞いた事あるという方も多いと思います。 この肌年齢という言葉は、いわば体年齢などと同じで、実際の年齢とは関係な ...

最近のエントリー

化粧品に配合されるヒアルロン酸は良い?選ぶ時の注意点やポイント
たるみは老化現象の始まり!たるみを改善するためのツボ押し
敏感肌の人が自分の肌に合う化粧品を選ぶオススメの方法と注意点
肌のターンオーバーとは?促すための食生活・睡眠・肌ケアなどの生活習慣
大人ニキビができるのは何故?できる原因と予防や対策方法

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top