意外と知られていないコーヒーと美容の関係
シミ予防をコーヒーで出来る?効果的な飲み方

カテゴリ:【 美容・美肌ノウハウ

朝起きたら、まずは目覚めのコーヒーを1杯飲んで。
優雅に見えるそんな朝の生活に憧れたり、これが習慣になっている人も多いのではないでしょうか。

コーヒーにはダイエット効果があるとも噂されており、コーヒーダイエットといった形で数多くのメディアでも取り上げられています。
しかしながら、意外と知られていないのが、シミを予防してくれる効果です。

これが本当なら、毎朝のコーヒーを楽しみにしている人にはうれしいニュースですね。
今回はコーヒーとシミ予防の関係についてチェックしておきましょう。

コーヒーがアンチエイジングに効果的?

コーヒーのアンチエイジング効果が話題になっているのは、コーヒーに含まれるポリフェノールのためです。
ポリフェノールと聞くと、美容や健康にアンテナを張っている方からすれば、色々と「おっ」と思う名称の1つかもしれません。

しかしながら多くの人にとっては、ポリフェノールは何となく身体にいいと知っている人は多いと思いますが、細かい事はわからないという人も多いはずです。
実は老化防止にも効果的なんですよ。

そんなポリフェノールを簡単におさらいしておきましょう。

ポリフェノールって何?

ポリフェノールというのは植物が光合成するときにできるもので、「渋み」や「色」の元になっています。
ポリフェノールと言えば、赤ワインのポリフェノールは有名です。

赤ワインには「タンニン」、お茶には「カテキン」というポリフェノールが含まれています。

コーヒーに含まれているポリフェノール

そんなポリフェノールには種類があり、先ほど書いたように、赤ワインにはタンニン、お茶にはカテキンと皆が聞いた事のある名前かと思います。

一方、コーヒーに含まれているのは、「クロロゲン酸」というポリフェノールです。
このクロロゲン酸は紫外線などでできてしまうシミを抑える効果があるといわれているんです。

クロロゲン酸には、シミの原因となるメラニン色素の生成を、30%抑える作用があることが分かっています。
実際に日本人女性を対象とした調査でも、コーヒーを一日2杯以上飲む人は、飲まない人よりもシミが少なかったという結果がでています。

ポリフェノールは老化防止の強い味方

また、クロロゲン酸をはじめとするポリフェノールには、抗酸化作用があり、老化防止効果があるとされています。
抗酸化作用というのは、老化現象の原因となる活性酸素の働きを抑制してくれる作用のことです。

その他、クロロゲン酸には、抗がん作用や口臭抑制作用、血圧抑制作用やダイエット効果もあります。
ワインを毎日飲むのは無理、という人でも、コーヒーを毎朝飲むのは比較的続けやすいのではないでしょうか。

カフェインの取りすぎには注意を

ただし、コーヒーにはカフェインも含まれています。
カフェインには美肌に必要なビタミンCを破壊したり、利尿作用によりミネラルの排出を促してしまう作用もあります。

ですから、いくらシミ予防とはいえ、飲みすぎは禁物です。シミ予防のためにコーヒーを飲む場合は、1日2杯以下にしたほうがよさそうですね。
さらに、ポリフェノールの効果は飲んだ後2、3時間しか続かないので、朝に1杯、昼に1杯という飲み方が、より効果的かもしれません。毎日のコーヒーでシミ予防、早速今日から始めてみませんか。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

大人ニキビを予防する食生活。良い食材と悪い食材や気を付けたいこと
ニキビといえば、思春期のシンボルのようなものをイメージする方が多いかもしれませんが、実は大人になってからもニキビに悩まされる人が増えています。 これらは思春期のニキビと違って、大 ...

目の下のクマが消えれば見た目年齢が若くなる!3つの種類別クマ対策
クマが出来ていると言われ喜ぶ人はまずいないかと思います。 それどころか、多くの人はクマができてるよ。といった事を言われると、焦ったり落ち込んだりするものです。 目の下にクマ ...

唇がガサガサに荒れる原因とぷるぷる潤いリップを作る方法
特に女性にとってぷるぷるなリップに憧れるという方も多いはず。 しかしながら、実際には冬場になってしまうとぷるぷるどころかガサガサで荒れた唇になってしまう…なんて悩んでいる方も多い ...

テカッているのにかさかさする、インナードライ肌ってどういうこと?
顔の皮膚はテカっているのに、肌がつっぱったり、かさつく感じがする、こんな人はインナードライ肌かもしれません。 インナードライの人に多いのが、間違ったスキンケアです。 間違っ ...

化粧品っていつまで使える?使用期限を過ぎて使うと肌トラブルにも?
安い買い物ではない化粧品だからこそ、長くギリギリまで使いたいと考えるものです。 しかしながら、化粧品に限らず多くのものには、使用期限といった使っても大丈夫と定められた期間が存在し ...

最近のエントリー

紫外線対策が冬でも必要な理由。紫外線の種類とおすすめの対策法
目の下のクマが消えれば見た目年齢が若くなる!3つの種類別クマ対策
何気ない仕草がほうれい線を作る?ほうれい線のできる原因と対策
まだ間に合う!目元のシワ対策に保湿ケアとツボ押しと生活習慣の見直しを
化粧品っていつまで使える?使用期限を過ぎて使うと肌トラブルにも?

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top