出来てしまっても諦めない!
出来たシミへとこれから出来ないためのシミ対策

カテゴリ:【 美容・美肌ノウハウ

年齢を重ねるにつれ、肌にポツポツと表れるシミ…。
女性であれば誰もが気になるところですし、なんとかしたいと思うものです。

きちんとケアしているはずなのに、気づいたらできているシミを見つけると、気分がブルーになりますよね。
今回はそんなシミ対策をテーマに、「常に行いたいシミ対策」についてまとめてみました。

シミができる原因

そもそものシミができる主な原因は、紫外線だといわれています。
紫外線を浴びることによって、お肌は防御機能としてメラニン色素を生成します。

健康的なお肌であれば、このメラニン色素は、古い角質と一緒に対外へ排出されてしまいます。
しかし、加齢などによってお肌のターンオーバーが乱れていると、できてしまったメラニンがうまく排出されずにお肌に残ってしまいます。

こうしてできるのが「シミ」なんです。

できたシミへの対策とできない事への対策が必要

シミ対策と一言で書くとしても、実際にはシミ対策には2パターン存在します。

それが、既にできてしまったシミをどうするかという対策と、これからシミができないようにどうするかという対策です。

新たなシミを作らないためには紫外線対策

できてしまったシミを薄くするのも大切ですが、新たなシミを作らないように予防することも必要です。
この場合、先ほども書いたようにシミができる主な原因でもある紫外線への対策が必要となります。

シミの原因であるメラニン色素を作らないために、日焼け止めを利用したりして、こまめに紫外線対策を行うことで新たなシミを作らない対策が可能となります。

出来てしまったシミへはシミ対策用の化粧品

出来てしまったシミを消すためには、スキンケアが有効です。
最近は、シミに特化した美白化粧品がたくさんありますので、その中から自分の肌に合ったものを選ぶようにします。

美白効果のある成分のほかに、抗酸化作用のあるものや、保湿成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

身体の中からシミを消す努力を

スキンケア化粧品を使用したシミ対策と同時に行いたいのが、それは身体の中からのケアです。
肌が必要とする栄養素をきちんと摂取することで、身体の内側から肌再生を働きかけましょう。

シミ対策に効果的とされる栄養素は、ビタミンC、ビタミンA、βカロチンがあります。
これらは主に緑黄色野菜やフルーツなどに含まれているので、フレッシュジュースやスムージーで摂取がオススメです。

野菜や果物をたくさん食べるのが難しい人は、サプリメントを上手に利用するのも良い方法ですね。

最終的には“身体”そのものの力次第

最後に、シミは肌にできるものでありいわば肌は身体の一部。
つまり、シミが急激に増えたり、肌トラブルが起きる場合は、身体そのものの不調の可能性もあります。

ストレス環境に晒されたり、睡眠が不足していたり。日常的な生活習慣の改善もシミを消すためには大切です。

総合的なシミ対策を心がける

シミは毎日の身体の外と中からのケアが肝心です。
残念ながら、「今何か手を加えて対策したら、明日シミが消える」というものではありません。

しかし、毎日の積み重ねが数年後の自分の肌にシミとなって跳ね返ってくるか否かは、とっても重要なことですよね。
丁寧なスキンケアと生活習慣の見直しで、今からシミ対策をはじめましょう。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

唇がガサガサに荒れる原因とぷるぷる潤いリップを作る方法
特に女性にとってぷるぷるなリップに憧れるという方も多いはず。 しかしながら、実際には冬場になってしまうとぷるぷるどころかガサガサで荒れた唇になってしまう…なんて悩んでいる方も多い ...

肌を若く保つ秘訣は?肌年齢をマイナス10歳にしたい方のためのケアポイント
肌年齢という言葉は、今ではTV等のメディアでお多く使われ、一度は聞いた事あるという方も多いと思います。 この肌年齢という言葉は、いわば体年齢などと同じで、実際の年齢とは関係な ...

化粧品・スキンケアで治らない肌荒れの意外な原因を知ろう
きちんと毎日スキンケアしているのに肌荒れが治まらない、化粧品を変えても効果に変化がない…。 こう悩む人は思っている以上に多いはず。 こんな風に悩んでいる人は、肌荒れの原因を ...

化粧水と乳液を混ぜて使うのは良い?ダメ?時短したい方はオールインワンを
今や女性にとって化粧をするというのは当たり前という時代になりました。 是非は問わないとしても、化粧する=マナーといった風潮にまだまだ社会は考えて居る節もあります。 ですが、 ...

何気ない仕草がほうれい線を作る?ほうれい線のできる原因と対策
見た目の印象を大きく左右するほうれい線。 加齢と共にこの「ほうれい線」は誰もが気にしてしまうものです。 ほうれい線があるのと無いのとでは、見た目年齢も大きく違ってくるほど、 ...

最近のエントリー

化粧品に配合されるヒアルロン酸は良い?選ぶ時の注意点やポイント
たるみは老化現象の始まり!たるみを改善するためのツボ押し
敏感肌の人が自分の肌に合う化粧品を選ぶオススメの方法と注意点
肌のターンオーバーとは?促すための食生活・睡眠・肌ケアなどの生活習慣
大人ニキビができるのは何故?できる原因と予防や対策方法

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top