思っている以上に見た目年齢に影響を当てる
目元のシワの今からでもできる3つの対策をご紹介

カテゴリ:【 美容・美肌ノウハウ

顔の印象を大きく左右する要因の1つになるのが目元のシワ。
目元にシワがあるだけでも、実年齢よりも老けて見えてしまたり、疲れて見えてしまったりと、デメリットばかりです。

そんなシワの中でも特に目元のシワは多くの人が気になるポイントですが、普段どんなことをしているでしょうか。
今回はそんな目元のシワの対策のコツを紹介します。

紫外線防止&保湿ケアで対策

シワの最大の要因の一つは乾燥です。
そのために必要なことが紫外線を防ぐことになります。

しっかりと日焼け止めを塗布して、紫外線から目元を守りましょう。
ただし、皮膚が薄く敏感な目元はあまり強すぎる日焼け止めはかえって肌トラブルの原因になることもありますので注意が必要です。

自分の肌に合った程よい日焼け止めを選んだり、目元専用ケア製品を使用しましょう。

そしてもう1つ必要なことが保湿ケアです。
乾燥しがちな目元は、普段の化粧水・乳液によるスキンケア以外に、アイクリームや目元パックなどで定期的に特別なケアをして、水分の蒸発、乾燥を防ぎましょう。

ただし、これらも目のキワなどには使用しないようにしてくださいね。

ツボ押しでシワ改善対策

目元のシワ対策としてつい化粧品やなにかをつかっての対策という方に目がいきがちですが、実は自宅でも対策は可能なのです。
中でもオススメなのが、手軽に自宅でできる「ツボ押し」です。

目の周辺には目元をケアするツボがたくさんあります。
中でもシワに特に有効的だといわれているのが、次の3つのツボです。

  • 攅竹(さんちく)・・・眉頭の端の凹みにあるツボ
  • 球後(きゅうご)・・・目尻と目の中央の真ん中の骨のくぼんだ部分のツボ
  • 絲竹空(しちくくう)・・・目尻のキワの骨の凹みにあるツボ

それぞれ気の流れを整えたり、血流を良くしてくれるなど、目元周辺のシワ改善の一端を担ってくれますよ。
どれも目元の非常に敏感な部分にあるツボですので、強い力で押さず、軽くなぞる、マッサージするような感覚でツボ押ししてみましょう。

メイク前の数分のツボ押しで目元の印象が格段に改善されるともいいます。早速試してみる価値はありそうですね。

生活習慣の改善でシワ対策

もうひとつ、目元のシワ対策として行いたいのが、日常の生活習慣の改善です。
毎日長時間パソコンの前に向かって目の疲労がたまっていたり、頬杖をついて指先で目尻を触る癖があったり、日々のクレンジングで目元を思いっきりゴシゴシしていたりしていませんか。

日常のちょっとした習慣が目元に負担をかけている可能性があります。
一度、目元を意識して1日過ごしてみるとわかりますが、自分が思っているよりも、目元を酷使していることが分かるはずです。

目元のシワ対策は予防が肝心

目元に限らず、シワというのは何かをしてすぐにできたりするものではありません。
また、期間的に見ても、1日経ってすぐに出来たりするものでもありません。

日々の積み重ねが数か月後、数年後の目元の印象を変えるのです。
まずは今日から手軽に始められる3つの対策で、シワケア始めてみましょう。

シワが変わるだけでも目元が代わり見た目のイメージが変わり年代と比べても若く見られるようになりますから、まだまだ遅くありませんから、目元ケアをしっかりとしていきましょう。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

目の下のクマが消えれば見た目年齢が若くなる!3つの種類別クマ対策
クマが出来ていると言われ喜ぶ人はまずいないかと思います。 それどころか、多くの人はクマができてるよ。といった事を言われると、焦ったり落ち込んだりするものです。 目の下にクマ ...

何気ない仕草がほうれい線を作る?ほうれい線のできる原因と対策
見た目の印象を大きく左右するほうれい線。 加齢と共にこの「ほうれい線」は誰もが気にしてしまうものです。 ほうれい線があるのと無いのとでは、見た目年齢も大きく違ってくるほど、 ...

化粧品・スキンケアで治らない肌荒れの意外な原因を知ろう
きちんと毎日スキンケアしているのに肌荒れが治まらない、化粧品を変えても効果に変化がない…。 こう悩む人は思っている以上に多いはず。 こんな風に悩んでいる人は、肌荒れの原因を ...

たるみは老化現象の始まり!たるみを改善するためのツボ押し
ご存じの方も多いかもしれませんが、「たるみ」は老化現象の始まりとも言われています。 老化という言葉の重みをヒシヒシと感じる年代になったら、よりたるみという言葉には反応してしまうも ...

肌を若く保つ秘訣は?肌年齢をマイナス10歳にしたい方のためのケアポイント
肌年齢という言葉は、今ではTV等のメディアでお多く使われ、一度は聞いた事あるという方も多いと思います。 この肌年齢という言葉は、いわば体年齢などと同じで、実際の年齢とは関係な ...

最近のエントリー

化粧品に配合されるヒアルロン酸は良い?選ぶ時の注意点やポイント
たるみは老化現象の始まり!たるみを改善するためのツボ押し
敏感肌の人が自分の肌に合う化粧品を選ぶオススメの方法と注意点
肌のターンオーバーとは?促すための食生活・睡眠・肌ケアなどの生活習慣
大人ニキビができるのは何故?できる原因と予防や対策方法

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top