実は目にできるクマには種類があった?
目の下のクマの種類と種類別の原因や対策法

カテゴリ:【 美容・美肌ノウハウ

クマが出来ていると言われ喜ぶ人はまずいないかと思います。
それどころか、多くの人はクマができてるよ。といった事を言われると、焦ったり落ち込んだりするものです。

目の下にクマができてしまうと疲れて見えるだけでなく、老けて見られるものです。
クマができていると寝不足かと思いがちですが、実は寝不足でなくてもできるクマがあるというのをまだまだ知らない方も多いはずです。

今回は、そんな「目の下のクマ」を焦点に、クマの種類とその対策法について理解を深めておきましょう。

実は目の下のクマは3種類ある

目の下のクマには、実は3種類のクマがあります。
青クマ、黒クマ、茶クマと呼ばれる3種類で、その違いは次の通りです。

  • 青クマ:いわゆる寝不足や疲れ、血行不良によるクマ
  • 黒クマ:目の下の皮膚がたるんでいるために影になってクマに見えている状態
  • 茶クマ:色素沈着でクマのように見えている状態

もちろん、これらのクマの種類によって対策方法も変わってきます。
まずは、自分のクマがどの種類のクマなのかきちんと把握しておくことこそ、目元のクマへの対策の第一歩になると言えるのです。

それではそれぞれ、クマの種類別の対策法をみていきましょう。

青クマの対策

青クマの人は、血行が悪くなっているのが主な原因になります。
マッサージなどの刺激により血行を良くすることが大切です。

マッサージを行うときはすべりを良くするためにクリームなどを利用しましょう。
目の周りの皮膚は薄いので、あまり強く刺激しすぎると逆効果になります。

血流を促すよう様な感じで目の下から、こめかみ、まぶた、目頭という風に円を描くように、指の腹でやさしく刺激します。

また化粧品は、コラーゲンの生成を促すものがおすすめです。
コラーゲンを作り出すサポートをしてくれる、ビタミンCやレチノールが配合されたものを使ってみましょう。

身体を冷やす食べ物や飲み物を避けるようにし、入浴や運動などで、血流がスムーズになるようにしましょう。

黒クマの対策

こちらは、加齢などの原因によって下まぶたの皮膚がたるんでいる状態です。
青クマ同様、コラーゲンの生成を促す成分が配合された化粧品を使ってみましょう。

また、表情筋を鍛えることで、たるみを改善することも出来ます。
ただし、やりすぎると逆に表情ジワの原因になることもありますので、注意しましょう。

茶クマの対策

茶クマの場合は色素沈着が起こっている状態です。
色素沈着はメラニン色素が原因ですから、シミと同じようなケアが必要となります。

メラニン色素の沈着は肌への刺激やストレスで起こることがありますので、なるべく目をこするなどの刺激を避け、紫外線のダメージを防ぐように心がけてください。

同時に肌のターンオーバーを正常にすることが必要です。
茶クマは一種のシミと捉えて問題ありませんから、美白化粧品を使用してみるのも1つの手です。

また、美白化粧品を選ぶ際には、ビタミンCなどの美白成分が配合されているものを選ぶようにしてくださいね。

目の下のクマを消して元気な印象に

目の下にクマができていると、相手に良い印象を与える事はまずありません。
仕事や家事などで、「いつも疲れている」のかな?というような印象を与えてしまいます。

本人がそうでなかったとしても、クマがあるというたったそれだけでそう思われてしまうということです。

寝不足でできる青クマなら、睡眠をしっかりとれば解消されやすいですが、黒クマと茶クマは総簡単ではありません。
自分のクマの原因を把握して、正しいお手入れ方法で対策していきましょう。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

くずれないベースメイク作りのコツは毎朝の保湿ケアにあった
夏は皮脂量が増えてテカルのに、秋冬は乾燥して化粧のノリが悪くなる。 こんな悩みをかかえている人は、保湿ケアの方法に問題があるのかもしれません。 くずれないベースメイクのためには、 ...

大人ニキビを予防する食生活。良い食材と悪い食材や気を付けたいこと
ニキビといえば、思春期のシンボルのようなものをイメージする方が多いかもしれませんが、実は大人になってからもニキビに悩まされる人が増えています。 これらは思春期のニキビと違って、大 ...

化粧品・スキンケアで治らない肌荒れの意外な原因を知ろう
きちんと毎日スキンケアしているのに肌荒れが治まらない、化粧品を変えても効果に変化がない…。 こう悩む人は思っている以上に多いはず。 こんな風に悩んでいる人は、肌荒れの原因を ...

唇がガサガサに荒れる原因とぷるぷる潤いリップを作る方法
特に女性にとってぷるぷるなリップに憧れるという方も多いはず。 しかしながら、実際には冬場になってしまうとぷるぷるどころかガサガサで荒れた唇になってしまう…なんて悩んでいる方も多い ...

敏感肌の人が自分の肌に合う化粧品を選ぶオススメの方法と注意点
毎日お化粧をして、スキンケアをして…。 そんな当たり前のことが肌に大きな負担になるのが敏感肌です。 だからといって化粧やスキンケアをしない訳にはいきません。 そこで敏感肌 ...

最近のエントリー

化粧品に配合されるヒアルロン酸は良い?選ぶ時の注意点やポイント
たるみは老化現象の始まり!たるみを改善するためのツボ押し
敏感肌の人が自分の肌に合う化粧品を選ぶオススメの方法と注意点
肌のターンオーバーとは?促すための食生活・睡眠・肌ケアなどの生活習慣
大人ニキビができるのは何故?できる原因と予防や対策方法

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top